レッドファルクスがスプリンターズステークスを制しました!

東京サラブレッドクラブのHPによるとファルクスという名は鎌の意味を持つ”両手剣”から来ているそうで、芝とダート両方のオープンレースを制したレッドファルクスには相応しい名前じゃあないですか。
そういえば今年は「二刀流」がキーワードになりそうですよねというのは後の祭りなのですが、過去にスプリンターズSを制し同じように名前が剣に由来する馬がいたのはご存知でしょうか。そうデュランダルですね。

当時高校生で競馬の知識はダビスタかじり、その延長で競馬も見始めてはいましたが、3時からの競馬中継、特にG1などの大きいレースをぼんやりと眺めるように見る程度でした。
2003年のスプリンターズS。この日もいつものようにぼんやりと見ていると、早めに抜け出した1番人気ビリーヴ安藤勝己を後方から4角大外、ありえないような位置から飛んできてビリーヴを捉えた馬が…!!

先ほど言ったように当時は競馬をぼんやりと見ている程度でしたから、ニューイヤーSでオープン勝ちしていたことや前哨戦のセントウルSでデュランダルが3着に来ていた事も知りませんでした。今のようにネットで過去の成績を簡単に振り返ることも出来ない時代です。(出来ていたのかもしれませんがウチにはまだPCがありませんでした) ただただ、1番人気のビリーヴが、デュランダルというとんでもない追い込み馬に差された。しかも短距離!しかも直線の短い中山コースで!何なんだこの馬は…!!と、競馬初心者にとってこれ程までに分かりやすく鮮烈なレースはありませんでしたよ。

それからデュランダルという馬に惹かれ、名前を由来を調べたところ中世フランスの叙事詩「ローランの歌」に登場する英雄が持っていた剣という、これまたレースっぷりと合わせて分かりやすいもので益々惹かれ、その剣のように切れ味鋭い走りを楽しみにしていたのですが、もともと蹄が悪くあまりレース数を使えず、そののちは毎レースぶっつけでG1に出走してくることしかありませんでした。デュランダルの鋭い刃は諸刃の剣だったというのもこの馬を語るに欠かせないエピソードですね。

さて、レッドファルクスの話に戻りますと、同馬は失礼ながらデュランダルのような切れ味鋭い…というよりかは、デムーロ騎手が言うようにズブいけど四肢を一生懸命に回し続けファイトしながら伸びてくる差し脚が魅力です。また、叩き上げの戦績が示す通り、デビューから決して順風満帆だったという訳ではありません。特にトモが弱く、レースを使うと痛みが出やすい。それを陣営が丁寧に解しながらここまで鍛えられて磨き上げられてきた馬がレッドファルクスなのです。

そんなレッドファルクスの馬券を買えていたかと言うと…
まだまだ体に弱い所があってG1レベルでは足りないのではないか、デムーロが乗ってるからと言って3番人気は流石に人気し過ぎではないかと戦前は思っていて、短距離と言えばやはりビッグアーサーやシュウジのように筋骨隆々なタイプが強いのではないかという考えがあり、レッドファルクスを買おうという発想は全く有りませんでした。

今年のスプリンターズSを制した馬が剣の名を持つ差し馬だと分かったとき、十数年前にデュランダルのレースを見た頃の事を思い出しました。

ビッグアーサーが持ち味を活かさなかった。
馬場にしてはペースが遅い。
芝が変わって求められるモノ(適性)が変わった。

なんてレースを振り返る知識ばかりだけが無駄に増えてしまい、勝ち馬を称えその走りに興味を持つことで競馬に夢中になっていった頃を懐かしく思いました。今持ってる知識でレッドファルクスという剣が秘めた力が理解できないだけなのかもしれないのに。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中