メモのようなただの雑記です

第36回ジャパンカップはキタサンブラックが勝ちました。
既にG1を2勝。着外になったのがダービーのみという堅実な戦績ながら1番人気になったのは前走の京都大賞典が初という中々珍しい馬で、今回も1番人気でしたが単勝オッズが3.8倍と比較的オッズ付いてたなあとレース後に思ったのは自分だけでしょうか。

そんなことを言っておきながら、馬券では「ジャパンカップを逃げ切るのは無理」という思い込み(タップダンスシチーの記憶が脳内から削除されていたようです)から、いまの馬場を見方に付けられるようなふんわりとした脚を使える馬を買おうとディーマジェスティかサウンズオブアースを本命に据えるつもりでパドックを見、前者に若干の違和感をおぼえたのでサウンズオブアースの単勝をメインに購入してみたのですが、結果はご存知の通り。これでサウンズオブアースはG1の2着が3回。いまだに勝ち鞍はなみずき賞(500万)という中々面白い成績の持ち主。今回がチャンスなのにも関わらず人気が落ちていてウシシと思っていたのですがねえ、相手が一枚上だったようです。

– – – –

家に帰って来てふと、キタサンブラックがブラックタイド産駒で逃げ馬として大レースで活躍しているのは何かのアンチテーゼではないかと思いました。
主流血統の変化か競走馬の進化かスローの上がり勝負のような瞬発力が問われやすい競馬になりつつあります。その流れを支えてるというか率いてるのが近代日本競馬の結晶こと三冠馬ディープインパクトじゃないですか。その兄で主な勝ち鞍スプリングステークスのブラックタイドの産駒キタサンブラックが彼らの持ち味を封じる様な競馬でレースを勝って征く。それもディープインパクトの背中を知っている男が…というのは少し大仰ですねw

土曜日に競馬予想TVという番組で血統予想家の亀谷氏が「今年の府中秋開催は馬場が重たい!ハービンジャー馬場だ!」と言っており、確かに今開催はそういう馬がよく来てるよなあ~とロクに数字も取らずただの印象でその意見に同意していた(もちろん亀谷氏は産駒別の着順数と回収率をフリップにまとめておられました)のですが、その根拠として亀谷氏は、地面に空気を含ませる穴あけマシンを導入し、馬場改良を進めてきたことによってかなり地盤が根本から柔らかくなっているからではないかということを述べられておりました。今年は冷夏ということで例年より芝の生育が悪かったのではないかという意見も出ていましたが、先に出ていた「馬場改良」の成果?だとするならば今後もこういった馬場で競馬が開催されてる機会が増えてゆくのではないかと。安全で公正な馬場造りを目指して今のような馬場を作り出したのですからね。もちろんそれは今後も競馬が続く限り求められ続けられるでしょうから、ポリトラックこそ安全で公正である!みたいな将来になっている可能性もありますが。

さておきそうなるとキタサンブラックのような馬であったり、ディープインパクト産駒ではない、そういった特徴を備えた馬が将来は…といったことにふけてこのボログに残しているのですが…そんな将来のことを考えても仕方ありませんね(笑) その時になれば考えればいいことですからね。

ただ、数分後のレース結果を考える競馬(馬券)予想や主に来年のダービー馬を予想するPOG、一口馬主もそうですかね、これらいずれも未来予想であることには間違いありません。何がただしいのか何が間違っているのか、明確な答えが用意されておらず時代と共に変遷していく。競馬に限らず、ですかね。ただの偶然と片付けずに現実を直視し観察と推論を回し続けていって物事の本質をとらえようとする。競馬はその性質上それがより試されるから面白いと思うのです。

まあ、第”36”回ジャパンカップだし先日のプロ野球ニュースに元ロッテの”サブロー”選手が出てたし、やっぱサイン馬券が最強なんじゃね?と思っているのでこれまで書いたことはどうでもいいのですが。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中