ノルマンディーオーナーズクラブ 二次募集馬 レビュー

※この記事で書いていることはあくまで私見であり、必ずしも以下に書いてある通りの素質や競走能力を示してくれる訳ではありません。

ノルマンディーの募集馬についても一口馬主 募集馬レビューサイトのほうで取り上げていくつもりだったのですが、一次募集のレビューが募集開始までに間に合わず気が付いたら満口馬が多数出ていたという状況でしたので、二次募集からこちらで公開することにしました。

16.ミラクルガール
牝馬ながら逞しい馬体は血統表にある母父ロックオブジブラルタルという文字を見れば納得の造り。特に胸や肩回りが大きく、ここに筋肉が付きすぎてくると体が窮屈になりそうですが、いい意味での緩さがあって骨格のバランスも纏まっているので硬さが出て来なければ癖の無い走りはしてくれそうな印象です。現状の体型からは芝ダートは不明ですが、中距離辺りに適性がありそう。

17.ヴイプラウド
マツリダゴッホ産駒らしく四肢や背中が短い造り。なので距離はマイル辺りまででしょうか。仕上がりの早さを活かしたいですね。四肢の歪みなどは気にするレベルではないはず。

18.ウインディーヒル
かなりの大型馬。母父を辿るとマンハッタンカフェにティンバーカントリーと書いてあって、大型馬なのが頷ける血統配置だなあと母ウインディーヒルを調べてみたらやっぱり母も大型馬でした。全てのパーツがデカイので「歩くのが一苦労です」と馬が言っているように見えます。なのでこの馬に関しては現状の動画であれこれ言わず、早い所をやり始めた時に体がどう締まって使えてくるようになるかを見てあげましょう。

19.グーテデロワ
腹袋があって柔軟なサウスヴィグラスらしい造り。若干背中が長く緩さもありますが、全体的に見ればこれといった欠点は無さそうですので、目論見通りダートでコツコツと走ってくれる馬になってくれるのではないでしょうかね。

20.エスワンスペクター
四肢に伸びがあって上体の柔らかい肉付きなどが丁度良く、全身を上手く使って走ってくれそうな印象。左前の膝が外に反っているので前脚の出し方にクセがあり、ここは走りに影響しそう。あと飛節の付き方も良くないので関節が上手く利いてこないかも。ただ、直飛であることから今後の成長や体の使わせ方次第では欠点としてそこまで気にしなくてもよくなるかもしれません。

21.タニノピカンテ
斜尻でトモが非力。かつ飛節も弱々しくスピード不足をどう補うか。幸い短距離型では無さそうなので心肺面を含め鍛えられてどこまでという印象です。

22.レットイットスノー
牡馬にしては華奢に見えるのは、四肢の割に上体が薄いからでしょうか。お尻の幅が小さ目で筋肉が付いてくるタイプにも見えないので、おそらく長い距離をゆったりを走る馬へと成長してくるはずです。四肢の歪みがちょっと気になる所で、パンとしてくるまで時間が掛かりそうなのは懸念材料。

23.レーヴドゲラン
栗毛で腹袋がドッシリとした造りを見るとフレンチデピュティ産駒だなあと思いますよね。右膝が内向していますがこの程度ならそこまで嫌わなくてもいいでしょうか。それよりトモのO状姿勢が目立ちますね。飛節に疲れが溜まり易いかもしれません。胴回りが確りしているのでトモばかりに負担が掛からないように成長してくれればまだマシかもしれませんが。

24.インマイラヴ
ノボジャックは硬い馬が多い印象ですが、本馬は現状かなり緩く繋ぎも長めなので完成されてくるまでは時間が掛かるタイプでしょう。ただ骨格のバランスは良く、鍛えられて強くなっていける下地はありそうです。長い目で見たい馬。

25.グリーンヒルマック
モーニンやアジアエクスプレスなどヘニーヒューズ産駒は筋骨隆々という印象がありますが、日本産は意外とそうでは無さそう(もちろん、これから速いところを乗られてグっと筋肉が付いてくる血統という可能性も)というのが現1歳馬たちを見ての印象で、本馬もダートというよりは芝でも走れそうな印象を受けました。馬体的には曲飛節にしてもトモの狭窄が結構キツく、蹄や繋ぎに負担が掛かりやすいんじゃないかという懸念が。

26.ジネブラルスキー
均整が取れた体付きは魅力。トモは緩く手先が硬いので、おそらくダート中距離でスピード不足を補うように走る馬になるのではないでしょうか。

27.ドゥオナー
軽さがあって仕上がりも早そうなので早期デビューのアドバンテージを活かせそうなのは魅力。一本の線の上を歩くように前脚を出すのは脚付きを矯正中なのか肩など関節から来るクセなのか。前者であれば問題ないと思いますが、後者だとちょっと気になる所ではありますね。

28.トップキララ
筋肉のメリハリに掛け、これといった長所を見出すのが難しいのですが、骨格などには癖が無く必要な所に良い筋肉が付いてきたら動ける体勢は整うのでは。
競走能力とは関係ないと思いますが、下あごが出ているので顔がマヌケ…チャーミングに見えます!

29.フジノプログレス
お腹回りがタップリとあるので重苦しく見えるはずなのですが、手先は軽くトモも柔軟で芝でも走れそうなケイムホーム産かなと。胴は詰まり気味ですがトモは硬く無いので1800辺りまでは距離の融通が利くかもしれません。

30.ベラルーナ
脚長に見せる体型や背中の長さなどルーラーシップらしい特徴が確りと出ているという印象です。現状かなり腰高に見え、今後背が伸びてここがある程度改善されてきてもらいたいところ。両前の蹄が少し大きめなのも気になりますが、トモの造りなど良いものを持っているようには思うので上手く成長してもらいたいですね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中