さいきんの競馬 あれこれ

—————
2017年が始まり最初のG1となるフェブラリーSを勝ったのはゴールドドリーム。
その数日前にゴールドアリュールがこの世を去り亡き父に捧げる勝利となったわけですが、そのゴールドアリュールが制した03年フェブラリーSは自分が初めて馬券を買ったレースなのです。
だから何だよ…と言われればそれまでなのですが、上位人気でアドマイヤドンだけが来ないという予想からゴールドアリュール軸で3連複を購入。思惑通りアドマイヤドンが圏外となり馬券が的中したのが嬉しくて、そこから競馬に嵌っていったのは言うまでもありません。あの時予想が大ハズレだったら「なんだよ競馬つまんねー」となっていたかもしれませんから、ビギナーズラック、大事です。

あれから14年が経ち、ゴールドアリュールは種牡馬として産駒を残す馬となり、彼らの走りが当時の思い出を喚起させてくれます。
ゴールドアリュールは死に、血統表に名前が残るだけの記号となってしまいましたが、こうして誰かの記憶に、何かしら思いと共に今後も生き続けるのだと思います。
そうした色んな人の思いが綴られた血統表を背負い、馬が走り続けるのも競馬の魅力のひとつでしょう。

—————

先日、NHKの番組「プロフェッショナル仕事の流儀」でオグリキャップが取り上げられていました。気になった点をまとめてみました。

★オグリキャップは幼駒時、あまりにも貧弱な体で競走馬として全く期待されていなかった。特に腰が弱く装蹄で片足を上げるとフラフラして立っていられないほどだった。
★ところが速い調教を始めると、走る馬特有の「沈むような走り」を見せ、乗り手たちの評価が一変した。
→以前記事にした「効率の良い走り」を体現できていたのではないか。
★あえてレースを使い込むことが一番のトレーニング。どんどん馬が強くなっていった。
→そもそも脚回りに不安があったり、体質的に弱かったらレースを使い込めない。オグリキャップの強みは欠点の無い骨格と体質にあったのではないか。(幼駒時の弱さがいつの間にか解消されていたのはなぜ?よく食べるから?)
★使い込んでもヘコたれない強さは他馬に比べて強大な心臓を持っていたから。
→これも強みの一つか。ただ、先天的か後天的かは不明。
★レースへの集中力が凄い。オンオフが確りしていた馬。
→プロフェッショナル仕事の流儀でこの馬が取り上げられた大きな理由はここでしょうかね。

—————

オグリキャップ同様、体が弱くそして競走馬としてデビューする間際までも体が弱いレッドジュラーレという馬がいますが、先日小倉でデビューいたしまして、レース前の期待を裏切る好走を見せてくれました。(18頭中11着)
あまりにも調教で動かないことから更新コメントにおいても「トレセンのチップより芝の方が走りやすいのはあきらかなので調教とは違った走りを見せてほしいですね。」と誰もが(そんな訳ないやろ…(´-`).。oO)と思うようなことまで書かれてしまう始末でして、逆にどれだけ走らないんだろうと違った楽しみ方を見出した所でした。

母イタリアンレッドに体が緩くそしてそれが完成されてこない馬を輩出することに定評のある父ハービンジャーの仔ですから、新馬戦があるうちにデビューできただけでも、のび太がテストで45点を取ってきたくらいの大きな価値があったかと思われます。
走る馬特有の沈むような走りとはほど遠い頭の高い走りで、まだレースというのも理解していない様子なのですが、とりあえず出資者としては生暖かく見守るしかありませんので少しは走っていただけるように何卒お願いいたします。

広告

さいきんの競馬 あれこれ」への2件のフィードバック

  1. 流石ですね
    29年7月には、のび太が90点の2着を取るまでになりました。
    次は100点みたいです。

    • トラストさん

      コメントいただいていたのにも関わらず、返信が遅くなりすいません。

      ジュラーレ、残念ながら勝ち上がれませんでした。
      繁殖には上がれるとのことで、今後、血統表に”母レッドジュラーレ”と記された仔がどこかの競馬場で見られたら嬉しいですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中