ファンディーナを見に行って来ました

新馬戦、500万と圧巻のパフォーマンスを見せて来たファンディーナ。脚の使い方(走り方)が素晴らしいのはレース映像を見れば明らかなのですが、パドック的にどんな素晴らしいものを持っている馬なのだろうと気になって夜しか寝れない日々が続いていたところ、フラワーCに出走するということでこれは行かねばと見に行ってきました。


(素晴らしい馬なので、iphoneで撮ったショボイ画質の動画ではなく、ぜひ競馬場で実馬を見られることをおすすめします)

まず目につくのはその雄大な馬体です。500キロもある牝馬なんぞなかなかお目に掛かれません。それがお腹がタップリしているのかただ筋肉量が多いだけなのか、骨が太いだけなのかによって意味は変わってくると思いますが、ファンディーナは500キロあって背が高く脚も長いのにもかかわらず捌きに硬さがなく軽やかで全く重さを感じさせないんですよね。そこがまずファンディーナの凄さの一つ。

二つ目は、それだけの体付きをしていながらも緩さの無い所です。全く緩くないわけではありませんが、今の時期このような大型馬は、得てして筋肉や関節に緩さがあるものです。それは悪い意味ではなく、体付きが大きい馬はそうでない馬と比べ骨や筋肉が確りしてくるまでにそれだけの時間が掛かるはずという意味で、すでにファンディーナは自身の体を確りと動かせるだけの筋力を備えているということです。ただデビューが遅かったことを考えると、元々兼ね備えていたというよりはじっくりと鍛えられていって今の下地が作られていったと見るべきでしょうか。もちろん、それに応えていったファンディーナの素質がすばらしいことには変わりありません。

三つ目は動きに無駄がない所です。先ほどの「緩さ」と少し被りますが、背腰が確りしているのは言うまでもなく、飛節や繋ぎなど各関節に無駄な遊びが無く、地面を実直に捉えそして蹴るという動作を力強くかつ効率よく行えているなという造りに見えます。ディープインパクト産駒らしいいわゆる「バネ」のようなものを兼ね備えているようには見えず、繋ぎも脚の長さと比べたらやや短め。だから脚長なのにややピッチ気味の走りをするんだな~とレース映像を見ていて疑問に感じていたところに合点がいきました。これで繋ぎが長くトモや腰に緩さがあるような造りだったらきっと大トビの馬だったに違いありせん。それはそれでこの馬の一つの強みになっていたかもしれませんが…きっと勝負所でスッと動ける自在性や俊敏性は失われていたことでしょう。

あえてファンディーナにいちゃもんをつけるとすれば、まだ目の前のレースで自分の才能を発揮しているだけという競馬で、ダルビッシュ投手や松坂投手が甲子園で大暴れしているという感じのレースしかしていない所。それでも十分凄いのですが、現状は能力が違い過ぎるので自身の才能以上のレースをしていないはず。今後は自身の能力の限界に近い、あるいはそれを超える様なレースとなったときにどう対応できるか。つまり雄大な体を動かし続けるだけのスタミナを備えていけるかどうか、ですね。牝馬ながらダービーを制したウオッカはその後しばらく勝ち負けから遠いレースばかりしていました。一概には言えませんが、それまで才能だけで走っていたウオッカも苦しい時期の鍛錬を乗り越えたからダービーを制したときより強くなったウオッカとしてあれだけの成績を残す馬に成長していったはずです。今後厳しいレースを乗り越えていってより強くなっていくであろうファンディーナの成長を見守りましょう。そして、その走りで競馬を盛り上げていってもらいたいですね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中