2018 ダービーPhotoパドック

2018年ダービーのPhotoパドックを見ての感想です。

【ダノンプレミアム】
かなり筋肉質でやや詰まり気味の体型。仕上がりも良さそうですね。関節が硬いので距離に不安はあると思いますが同世代ならそこまで下げなくてもという所でしょうか。

【ステルヴィオ】
同じ父ロードカナロアのアーモンドアイがオークスを勝ちましたが造りは全く異なります。ステルヴィオは背が低めでトモが大きいマイラータイプ。ダノン同様、距離不安の馬でも来れるレース質になればといった感じでしょうか。

【ブラストワンピース】
今年の最大の惑星でしょう。大型のハービンジャー産駒。この手のタイプが春に間に合うのが驚きで、それがこの馬の能力の裏返しなのかもしれません。

【ゴーフォザサミット】
ハーツクライ産駒らしく背中や四肢を長く見せる馬。上がり勝負にならなければという印象。

【ジェネラーレウーノ】
細身で洗練された体型。脚質もありますが上がり勝負では分が悪そうなので前でどれだけ粘れるか。体型とこれまでの競馬っぷりが結びついている馬なので、自分の競馬でどこまで。

【コズミックフォース】
この中に入ると背中や前躯が薄く見えますね。

【エポカドーロ】
胴短で脚長。見た目の通り距離延長に不安もデキは良さそう。

【サンリヴァル】
まだ完成度で劣るように見えますね。

【ワグネリアン】
細身のディープインパクト産駒。前に書きましたがワールドエースに似た体型で現状は上がりだけならというレース以外厳しいはず。

【キタノコマンドール】
こちらは脚長胴長で距離延長はプラス。ただ、全体的なシルエットがぼんやりしていてダービーに向けて鍛え抜かれていない気も。

【ジャンダルム】
特に距離が長いとは思いませんが、距離延長が良いようには見えず…。

【ステイフーリッシュ】
細身で四肢を長く見せる体型。ダービー向きのスピードに劣るように見えるので、乱ペースになったときに一考という感じでしょうか。

【タイムフライヤー】
ドッシリとしたこの厩舎らしい造りもやや重めに見えるのが気になる所です。

今年はどの馬も一長一短でかなりの馬にチャンスのあるダービーだと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中