隅田川POG 2017-2018指名馬ふり返り

ダービーが終わりましたので振り返りでも。
(指名理由記事はこちら→隅田川POG2017-2018指名理由など)

1位 母シャンハイロック 父スクリーンヒーロー 馬名:ジェネラーレウーノ 厩舎:矢野英

先日の記事で書いた通り。「この馬主さんのノーザンの馬は友道厩舎に預けられることが多く、セールの時に吉田勝己さんが(本馬を)絶賛していたのに、なぜ友道厩舎ではなく矢野厩舎なのか」と鑑定士が言ってて一抹の不安も。

友道厩舎だったらダービー馬でしたね、というのは冗談です。セールで良く見えた馬が重賞勝ってくれたので個人的には満足。

2位 母レッドファンタジア 父ディープインパクト 馬名:レッドベルローズ 厩舎:鹿戸
当初言われていた通り晩秋デビューとなるもクラシック戦線には乗ってくれました。ミモザ賞が良い競馬だったのでフローラSも期待しておりましたが、距離が長かったようですね。

3位 母メジロジェニファー 父ダイワメジャー 馬名:ロジスカーレット 厩舎:国枝

ダイワメジャー×ホワイトマズルというラーメン二郎の油マシマシみたいな字面なのに450キロも無いらしい。新種のダイワメジャー。

新種のダイワメジャーは未発見でした。

4位 母ギャビーズゴールデンギャル 父ディープインパクト 馬名:ダイワギャバン 厩舎:菊沢

馬体見たらダートっぽい筋肉してたけど気にしない。

やはりジリ脚ホースでしたね。。

5位 母イストワール 父ルーラーシップ 馬名:ナラトゥリス 厩舎:加藤征
今年はルーラーシップ牝馬が熱いということでチェックしており、リリーノーブルやテトラドラクマなどの活躍馬が出てきてくれたので見立ては良かったとしましょう。関東馬限定とはいえ小西厩舎のテトラドラクマを指名するのはさすがに難易度高いっす…。

6位 母ポジションリミット 父ディープインパクト 馬名:ミッキーポジション 厩舎:菊沢
菊沢厩舎に去年くらいの飛躍を期待していたのですが、流石に去年程の馬は揃っていなかったようですね。。この馬自身はダートで2勝して青葉賞まで駒を進めてくれました。

7位 母ジーントウショウ 父ヨハネスブルグ 馬名:トーセンクロノス 厩舎:小笠
8位 母アースリヴィング 父ハーツクライ 馬名:シネマソングス 厩舎:小笠

関東馬限定とはいえなぜ小笠厩舎を2頭も指名してしまったのか。

3歳馬が26頭中3頭しか勝ち上がっていない(3頭とも未勝利勝ちのみ)という厩舎から2頭もチョイスしておりました。ただ、小笠厩舎の本当の力はこんなものじゃないはずです!もちろん、もう指名しませんが。

【総評】
関東馬限定で約100頭が選ばれるという過酷なドラフトの中、堀・藤沢厩舎など関東のいわゆる一流と言われる厩舎を指名しない縛りというテーマで選んでみたのですが、個人的にはそれなりに満足のいく結果を各馬が残してくれたシーズンとなりました。ただやはりテトラドラクマやプリモシーン、2冠馬アーモンドアイなど関東馬におけるノーザンファーム天栄の影響は大きいなあと感じましたので、今年は素直に天栄で育成・調教された馬たちを狙っていこうと思います!!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中