大切なことは全部、JRAの経営基本方針に書いてあった

今週末行われる国際招待レースのジャパンカップ。
国際レースとは名ばかりで、近年は海外から一流クラスの出走、頭数も揃わず賞金だけが高額となったレース、という寂しいG1競走になってしまっています。

ただこれは、「他国で開催されてる国際競走との開催時期バッティング」や「日本馬のレベルアップ」などの理由もあり、時代と共に国際レースが名ばかりとなものとなってしまっていったのは仕方ないこと。特に「日本馬のレベルアップ」に関しては、ジャパンカップが創設された理由のひとつ「海外に通用する馬づくり」における番組改革の結果だと思うので、強い日本馬のホームにまでわざわざ出向いて走らせたくないよ~という海外陣営の心の叫びが少ない出走頭数に表れているのだろうと勝手な解釈です。むしろ歓迎すべきことでもありますよね。

馬が強くなると競馬の質もレベルアップするのは言うまでもありません。手前の競馬学校だけでは十分に騎手が育たないので、地方競馬で成績を残している一流騎手に免許を与え、それでも足りなくなったら海外で成績を残している騎手へ免許を付与。
馬の質に見合った騎手を配することでコンテンツとしての質を高めていき、観客へより魅力的な競馬を見せようと努力してきたのが今日の競馬なんでしょう。

日本の競馬はおおよそ馬券の売り上げで成り立っており、競馬が馬券=ギャンブルとして成り立つにはギャンブルとして魅力的でなければなりませんから、賭け事としてどうやったらより多くの人を惹き付けられるか(=売上)、魅力的なものであるかを追求していくべきで、JRAが企業として、ビジネスとして試行錯誤してきた道が今日に続いているのだと思います。

【JRA】条件付きで3連続9着以下への出走制限 2019年度競馬番組等について発表 | 競馬ニュース – netkeiba.com http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=147012

このニュースにも「より能力の拮抗した馬による競走を提供する等の観点から」とある通り、JRAは今後もお客様に魅力的な賭け事を提供するために様々な改革や取り組みを推進してくれることでしょう。ああなんと素晴らしい企業なのでしょうか! 余りにも素晴らしいので久しぶりにJRAのホームページを見、企業情報のページから経営方針を確認してみると「私たちは、お客様を第一に、皆様にご満足いただけるよう取り組んでいきます。」と書いてありました。一昔前に某馬主さんが言い放ったとされる言葉を借りると「馬はええ、お客様はどうなってるんじゃ!!」という感じでしょうか。多分違いますね。

少し話が反れそうになったので戻しますが、JRAは競馬をギャンブルビジネスとして成熟させていきたいと考えているのではないかというのをここ数年思うようになりました。自分が競馬を見始めた頃‐ちょうどディープインパクトがはしっていた頃‐から数年はそんな意識など全くせずに競馬を見ていたので、明確に何かが契機となったのかは分かりません。そもそもなぜ競馬が存在していたのかを知っていたわけでも無いので、そのように考えるようになった理由もわかりません。ただ、近年そして今日の施策からそれはもう明らかですね。ビジネスとして合理性を求めるからには、相反する非合理的なものはどうしても排除されてゆく運命にあると思ってます。かの国で行われている「競馬」も、JRAが主催者として行われている「競馬」もどちらも同じ「競馬」ですが、競馬が行われている前提を、われわれお客様はまず理解した方がよいのではないかなあと。

もし、JRAが開催する競馬に「文化」を求めているのならば、暫くは無駄なことなんだと思います。だってさっきの経営方針に「そして未来へ 私たちは、歴史と伝統のある競馬の発展に努め、国際的なスポーツエンターテインメントとしての競馬を皆様とともに創造していきます。」と書いてありますから。そういった競馬の文化的な発展は「未来に」やるよん、今はビジネスだよん、と。いつからこの経営方針なのかは知りませんけどね。

なんでこんなこと書いているかと言うと、この頃各所で『ものがたり』が重要視されるようなことが多いみたいな記事とか見たり話しを聞いたりすることが多いので、特にレジャー産業である競馬も例外に漏れず、なのかなあとか思ったりしていたのですが、なんだか物語的な要素が置いてけぼりになっている気がしたので。そもそも「ギャンブルビジネスの競馬における物語とは」という話なんですが、そろそろ時間無いので今日はここまでにしておきます。

広告

キャロットクラブ 募集馬レビュー 2018(※9/4追記あり)

シルクに加え、キャロットクラブの募集馬レビューのリクエストもいくつか頂きましたのでこちらに掲載します。

また、ご依頼いただいた馬のみ掲載しており、自分がピックアップした馬をレビューしているわけではありません。
募集時に公開されている動画のみを見てのものになります。

レインデートの17

脚を長く見せる体型でディープ産駒牡馬としてある程度骨格が大きく出ているのが長所でしょうか。筋肉量も程よくそれでいて柔軟性も失われていません。粗を探すなら膝から下がやや硬そうに見えるところと既に完成度が高そうでどれだけ伸びしろがあるのかという所でしょうか。

ミュージカルロマンスの17

こちらは逆に晩成タイプといった体型ですかね。現状としてはトモの関節が緩すぎて何とも言えませんが、造りとしては纏まり型でパンとしてくれば芝マイル前後に適性を見出せそうです。

ヒルダズパッションの17

ヒルダズパッションの仔は上を見る限りみんな完成されてくるのが遅く、本馬も同様に筋肉の締まりがなく牝馬にしてはサイズに恵まれているものの、その割に四肢が細く飛節の折も深め。成長してバランスが整って来ればいいのですが。

サミターの17

前傾姿勢で芝マイル向きの軽やかさは感じますが筋肉が重たくやや華奢にも見える四肢がそれを支えられるかどうか。繋ぎも体型比で長めに映りますので脚元への負担も気になる所です。

ペルレンケッテの17

関節は柔らかくある程度体を大きく使えるので短い距離でということはなさそうですが、筋肉量があり過ぎて動きが重たく感じるのでおそらくダートでしょう。前脚の窄みはこの程度であれば気にしなくとも。

ローガンサファイアの17

四肢が短く詰まった体型ですが手先は柔軟なので芝の短い所で走ってくれそうです。右前の内向が成長と共に改善されてくれれば。

リッチダンサーの17

ハーツクライらしい緩さや前脚の造りなので父が良く出ていると見ていいのでしょうが、節々がゴツゴツしてて筋肉も重たいからかかなり重厚な体型に見えてにしまいます。このまま成長したら多分適性はダートのはず。

クルソラの17

こちらは対照的に芝向きの造り。背中が長く現状かなり緩いのでこのままでは厳しいですが、体型のバランスは悪くないのでトモが確りしてくれば期待できそうです。

フェルミオンの17

立ち姿の時点で右前が内向しているのが分かる通り、前肢の造りに難があって手先が硬くなってしまっていますね。上体はまずまず良さそうなのですがそれとの連動がミスマッチに見えました。ここが改善されてくれば。

コケレールの17

かなり背が高く見えますね。完成度が高い訳では無いので元々四肢が長いのでしょう。軽さを活かして走るタイプでしょうが、曲飛がキツく肢勢も良くないので負担には強くないかもしれません。

ラドラーダの17

緩い筋肉がドッシリと見栄えさせてるのは、ああダイワメジャーだからですね、という感じです。ただ本馬は背中も確りしているので上手く嵌ってくれば期待通りの走りは見せてくれるかもしれません。

ディアデラノビアの17

全体的なアウトラインはディアデラノビアの仔らしくまるっとした感じなのですが、筋肉量がある訳では無いのに造りが重たく見えるのはノヴェリストだからでしょうかね。鍛えられて走ってくるタイプだと思うので、長い目で見守ってあげてください。

クリソプレーズの17

四肢が長く華奢に見える体型。同じ配合での姉達もこういう体型だったのでそれ自体は問題ないかと思いますが、関節が緩慢なのとトモの収縮が弱く見えるのが気になる所です。

シェルズレイの17

おそらく右の膝でしょうか、前が硬いので怪我が気になるところですが、四肢のバネ感や体型的なバランスが良く軽い走りを見せてくれそうな印象です。

シンハリーズの17

体のサイズはやや小柄な部類に入ると思いますが、筋肉や関節が柔軟でしなやかなのでそれ以上に大きく見せてくれますね。膝の位置や繋ぎに不安があり脚元への負担は気になりますが、姉妹同様の期待は持てると思います。

ヒストリックスターの17

柔軟性と程よい硬質さを兼ね備えた動きで体型のバランスも良く、かなり高いレベルで纏まった馬に見えました。この動画を見る限りではこれといった欠点が無かったです。

シーザリオの17

上半身に比べ下半身が貧弱で背中からお尻に掛けて力感が無いのが成長してどこまで確りしてくるか。シーザリオの仔としてはスケール感に欠けるように感じました。

アルテリテの17

かなり緩い造りのハーツクライ産駒なので完成されるまで時間は掛かるでしょう。ただ可動域が広く緩い中でも手先や関節の強さは感じますので、良い方に成長してくれれば。

アヴェンチュラの17

これがエピファネイア産駒の良さなのかドッシリとしているのにも拘らず重たさを感じないパワフルな造り。ただ前脚がどうでしょうか…。脚さえ持てば。

ピュアブリーゼの17

バランスの良い体型でこれといって欠点は無さそうですが筋肉はボテっとしているので俊敏性には欠けるかもしれませんね。纏まりの良さを活かして走るタイプかもしれません。

トゥザレジェンドの17

関節がゴツゴツしていますしトモも硬いのでダートでしょうか。右前の造りにかなり難があるようなので怪我に気を付けてもらいたいですね。

スネガエクスプレスの17

骨量豊富でかなりの大型馬に育ちそうですね。ただ、四肢の捌きは柔らかく見た目より重苦しくないので芝でも走れるかもしれません。

※(9/4)追加で依頼頂いた分です。

アディクティドの17

厚みのある体型で骨量も豊富。関節はやや硬めでパーツ構成からダートが合うのではないでしょうか。これからどんどん大きくなりそうな気がします。

フロアクラフトの17

前肢がX脚気味で肢勢には難ありと言ったところなのと、背腰や股関節が明らかに緩くここらが確りしてくればという感じでしょうか。前後躯の構造的には大きな欠点は見られないので成長次第といった印象です。

キューの17

トモが固く特に飛節の造りがよくないのか全体的にモッサリしているように見えます。両前肢の繋にも違和感があり、これは今後どうなっていくのか注視したいですね。

イグジビットワンの17

四肢をスラッと見せる薄手のダイワメジャー産駒。ただただ筋肉が薄いというよりかは皮膚が薄く見えますね。背中からトモに掛けて緩いのでこの辺りがピリっとして来れば芝で切れのある走りを見せてくれるかもしれません。前肢が明らかな内向なので脚元との闘いでしょうか。

マルティンスタークの17

ブラックタイドは骨格が確りとした馬が多く本馬もその例に漏れない造りとなっているようです。ただ、その割に四肢が短く見え構造的にやや窮屈な感じも。体が柔らかいうちはいいのですが肩や胸に確りと筋肉がついている所を見る限り、年齢を重ねていくとともに活躍の場は絞られていくかもしれません。

サンブルエミューズの17

パワフルな造りなのですが、背中が長く直飛節なので走りがかなり淡泊になりそうな体型をしています。長短所がハッキリとした分かりやすい馬だと思うので、それに合わせた育成やレース選択をしてくれればこの馬のポテンシャルは活かせそうです。

サトノジュピターの17

ルーラーシップ牡馬にありがちなゴツゴツした感じは無く、柔軟性に富んだ造りで筋肉もしなやか。やや外向気味な程度で目立った欠点も少なく、背腰が確りしてくれば芝の中長距離でいい走りを見せてくれそうな期待が持てます。

シルクホースクラブ 2018年 募集馬レビュー

お久しぶりです。
複数の読者の方より「シルク募集馬のレビューをしてほしい」とのご要望がありましたので、その馬たちのレビューをこちらに掲載いたします。

ご要望いただいた馬のみ掲載しているだけですので、全てを見て気になる馬だけピックアップしているということではありません。
また、毎度の注意書きではありますが、自分は某岡田総帥のようにイギリスダービー馬を見抜く優れた相馬眼があるわけではないただの競馬好きです。市井の競馬好きの一意見として、電車の中吊り広告を見るような感覚でご覧いただけたら幸いです。

モシーンの17
フェアリーSを勝った全姉の募集時の姿を忘れましたが、たぶんこんな感じの纏まり型だったはず。体の大きさの割に骨が太いように見えるのでまだまだこれから肉付きがしっかりしてくるでしょう。そういう意味では遅咲きになるかもしれません。欠点が少ないのが長所ですが、突出した強みが見えないので成長してどう変わってくるかに期待という印象です。

ピラミマの17
ピラミマの仔って大柄に出ることが多い気がするのですが、この馬はかなり細くて小さいですね。前後躯共にかなり頼りなく、立ち姿はまるで小鹿のようです。ただ歩かせると股関節や手先の柔軟性に富んだ動きを見せてくれますね。骨格から体が大きくなることは無いと思いますので、運動神経の良さでどこまで。

ルシルクの17
後躯が高く他の馬と比べてもまだまだ成長途上なんだろうなという気はするのですが、それにしてもトモが頼りなく見えます。四肢がグラグラなのも成長とともに改善されてくるのでしょうか。体つきはこれといって特徴が無い箱型ですかね。

サロミナの17

骨太で重苦しい体型なのはきっと胴伸びの割に背が低く足が短く見えるからでしょう。絞れて来れば芝でも走れそうなので、堀厩舎マジックでどのような馬に変わるか注目ですね。

フラニーフロイドの17
胴が詰まって背中が短い割に足は長めなので腰高でアンバランスな体型。まあこの辺りは成長とともに解消されるでしょうか。ダイワメジャーらしい厚ぼったい筋肉で鍛えられていい方に変わってほしいのですが、左前脚が内向気味で前肢の安定感に欠ける歩様からパンとしてくるまで時間は掛かるかもしれません…。

ローマンエンプレスの17
ロードカナロアはこういう馬も出すから面白いですよね。というか、牝馬はこういう馬の方が多いのかもしれません。軽めの構造なのですが四肢は確りしていて柔軟性に富んだ造り。前の膝が被り気味なのは気になるところです。

アイムユアーズの17
骨格に見合った筋肉をしっかりと纏ったオルフェーヴル牝馬。個人的には皮膚の厚ぼったい感じがアイムユアーズっぽいなあという印象です。四肢がそれぞれ狭窄気味で窮屈になっているので削蹄でどこまで修正されてくるかでしょうか。

アドマイヤセプターの17
背中が長い割に股関節が固いので血統背景とは裏腹に芝だと意外と瞬発力負けしそうな造りに見えます。まあ天下のノーザンファームさんなので、こういう馬でも育成が終わるころには別馬のようになっていることが多いので杞憂なんですけどね。

カリの17
なぜ神様はカリの仔の繋を立ててしまうのでしょうか。いくらノーザンファームさんの装蹄師さんが素晴らしいからってそんないたずらはひどいのでは。お尻の形がキズナに似てる気がしました。

マザーロシアの17
背が低いのでかなり小さく見えますが骨量はあるので華奢ではないですね。前肢の曲がりもダート馬と割り切れば問題ない範囲でしょうか。トモが前に入りづらい構造に見えるので、成長してどこまでという印象です。

ボシンシェの17
上体は良いものを持っているのですが、肩を回して着地しないといけないくらい右前脚がかなり外向していてかつ繋が固いのか、かなり突っ張った動きになってしまっていますね。ここら辺りがどれだけ改善されてくるかでしょう。

ミュージカルウェイの17
手先や飛節が確り利いた動きが出来ていますし、見た目的にはほぼ欠点が無い馬だと思います。ディープインパクト産駒らしい馬ではないでしょうか。重箱の隅をつつくなら、左前が内向していて歩様にも影響していますね、まあノーザンファームさんの(以下略

リアアントニアの17
先ほどのミュージカルウェイを少し硬くして詰まらせたような感じで、馬の方向性としては同じような感じだと思います。

ブラックエンブレムの17
細くてかなり華奢ですね。ブラックエンブレムは小柄に出る種牡馬だと分かりやすくサイズに出るようで、この馬も例外では無さそうです。特に悪い所はなさそうなのが長所でしょうか。

ペンカナプリンセスの17
ペンカナプリンセスの仔は前肢に難がある馬が多い気がしますが、本馬も繋や肩が固くせっかく容量あるトモの推進力が十分に生かしきれないのではという懸念があります。

メジロアリスの17
ダイワメジャーらしく筋肉量あって関節がかなり緩くトモが間延びした動きになっているようです。箱型で距離は短い所を主戦場とする馬に育つでしょうか。成長して締まりが出てくれば。

シーイズトウショウの17
動画が始まる前の立ち姿は素晴らしいと思ったのですが、飛節やトモの関節が軟弱なのか前で後脚を引っ張るような動きに見えました。左前脚の肢軸もズレているようですしこれはノーザンファームさんの(以下略案件ですね。※

ルージュクールの17
程よい筋肉を纏ったロードカナロア産駒。手先がフワフワしているのはたぶん膝が内向きに付いていてo脚だからでしょう。繋も長く寝気味なので脚元がパンとしてくるまでには時間が掛かるかもしれません。

タイタンクイーンの17
前後立派に見せる分、やや手先がシャープですね。牝馬なので気にしなくてもいいかもしれませんが四肢比で若干胴が詰まり気味。

ベッラレイアの17
四肢は細くないのですが上半身が薄く体型としてバランスが悪く見えます。トモの造りは悪くなさそうなので背腰が確りして前躯に身が入ってくればという印象です。

ディープストーリーの17
エピファネイア産駒ですかかなり小柄ですね。ただ骨格は確りしていてトモを確り動かすだけの運動神経がありそうなのがこの馬の長所でしょう。両前が外向ですがノーザン(以下略

プチノワールの17
どっしりとした立ち姿から重苦しさは無く、動かしても柔軟で力強さもありブラックタイドの良さが確り見て取れる馬に思えます。

※ノーザンファームさんの(以下略案件…素晴らしい環境・人材を揃えたノーザンファームさんの馴致育成技術に掛かればどんな馬でも良駒へと成長を遂げること。