隅田川POG 2017-2018指名馬ふり返り

ダービーが終わりましたので振り返りでも。
(指名理由記事はこちら→隅田川POG2017-2018指名理由など)

1位 母シャンハイロック 父スクリーンヒーロー 馬名:ジェネラーレウーノ 厩舎:矢野英

先日の記事で書いた通り。「この馬主さんのノーザンの馬は友道厩舎に預けられることが多く、セールの時に吉田勝己さんが(本馬を)絶賛していたのに、なぜ友道厩舎ではなく矢野厩舎なのか」と鑑定士が言ってて一抹の不安も。

友道厩舎だったらダービー馬でしたね、というのは冗談です。セールで良く見えた馬が重賞勝ってくれたので個人的には満足。

2位 母レッドファンタジア 父ディープインパクト 馬名:レッドベルローズ 厩舎:鹿戸
当初言われていた通り晩秋デビューとなるもクラシック戦線には乗ってくれました。ミモザ賞が良い競馬だったのでフローラSも期待しておりましたが、距離が長かったようですね。

3位 母メジロジェニファー 父ダイワメジャー 馬名:ロジスカーレット 厩舎:国枝

ダイワメジャー×ホワイトマズルというラーメン二郎の油マシマシみたいな字面なのに450キロも無いらしい。新種のダイワメジャー。

新種のダイワメジャーは未発見でした。

4位 母ギャビーズゴールデンギャル 父ディープインパクト 馬名:ダイワギャバン 厩舎:菊沢

馬体見たらダートっぽい筋肉してたけど気にしない。

やはりジリ脚ホースでしたね。。

5位 母イストワール 父ルーラーシップ 馬名:ナラトゥリス 厩舎:加藤征
今年はルーラーシップ牝馬が熱いということでチェックしており、リリーノーブルやテトラドラクマなどの活躍馬が出てきてくれたので見立ては良かったとしましょう。関東馬限定とはいえ小西厩舎のテトラドラクマを指名するのはさすがに難易度高いっす…。

6位 母ポジションリミット 父ディープインパクト 馬名:ミッキーポジション 厩舎:菊沢
菊沢厩舎に去年くらいの飛躍を期待していたのですが、流石に去年程の馬は揃っていなかったようですね。。この馬自身はダートで2勝して青葉賞まで駒を進めてくれました。

7位 母ジーントウショウ 父ヨハネスブルグ 馬名:トーセンクロノス 厩舎:小笠
8位 母アースリヴィング 父ハーツクライ 馬名:シネマソングス 厩舎:小笠

関東馬限定とはいえなぜ小笠厩舎を2頭も指名してしまったのか。

3歳馬が26頭中3頭しか勝ち上がっていない(3頭とも未勝利勝ちのみ)という厩舎から2頭もチョイスしておりました。ただ、小笠厩舎の本当の力はこんなものじゃないはずです!もちろん、もう指名しませんが。

【総評】
関東馬限定で約100頭が選ばれるという過酷なドラフトの中、堀・藤沢厩舎など関東のいわゆる一流と言われる厩舎を指名しない縛りというテーマで選んでみたのですが、個人的にはそれなりに満足のいく結果を各馬が残してくれたシーズンとなりました。ただやはりテトラドラクマやプリモシーン、2冠馬アーモンドアイなど関東馬におけるノーザンファーム天栄の影響は大きいなあと感じましたので、今年は素直に天栄で育成・調教された馬たちを狙っていこうと思います!!

広告

2018 ダービーPhotoパドック

2018年ダービーのPhotoパドックを見ての感想です。

【ダノンプレミアム】
かなり筋肉質でやや詰まり気味の体型。仕上がりも良さそうですね。関節が硬いので距離に不安はあると思いますが同世代ならそこまで下げなくてもという所でしょうか。

【ステルヴィオ】
同じ父ロードカナロアのアーモンドアイがオークスを勝ちましたが造りは全く異なります。ステルヴィオは背が低めでトモが大きいマイラータイプ。ダノン同様、距離不安の馬でも来れるレース質になればといった感じでしょうか。

【ブラストワンピース】
今年の最大の惑星でしょう。大型のハービンジャー産駒。この手のタイプが春に間に合うのが驚きで、それがこの馬の能力の裏返しなのかもしれません。

【ゴーフォザサミット】
ハーツクライ産駒らしく背中や四肢を長く見せる馬。上がり勝負にならなければという印象。

【ジェネラーレウーノ】
細身で洗練された体型。脚質もありますが上がり勝負では分が悪そうなので前でどれだけ粘れるか。体型とこれまでの競馬っぷりが結びついている馬なので、自分の競馬でどこまで。

【コズミックフォース】
この中に入ると背中や前躯が薄く見えますね。

【エポカドーロ】
胴短で脚長。見た目の通り距離延長に不安もデキは良さそう。

【サンリヴァル】
まだ完成度で劣るように見えますね。

【ワグネリアン】
細身のディープインパクト産駒。前に書きましたがワールドエースに似た体型で現状は上がりだけならというレース以外厳しいはず。

【キタノコマンドール】
こちらは脚長胴長で距離延長はプラス。ただ、全体的なシルエットがぼんやりしていてダービーに向けて鍛え抜かれていない気も。

【ジャンダルム】
特に距離が長いとは思いませんが、距離延長が良いようには見えず…。

【ステイフーリッシュ】
細身で四肢を長く見せる体型。ダービー向きのスピードに劣るように見えるので、乱ペースになったときに一考という感じでしょうか。

【タイムフライヤー】
ドッシリとしたこの厩舎らしい造りもやや重めに見えるのが気になる所です。

今年はどの馬も一長一短でかなりの馬にチャンスのあるダービーだと思います。

共同通信杯 Photoパドック

きさらぎ賞はタマモベストプレイでしたか。
距離が少し長いと思ってましたが、馬場が悪いのか、人気どころのディープ産駒が体調的にイマイチだったのか上がりの掛かる競馬で状況が向いたようですね。まあ前回書いたようにこの馬自身の体調が良かったと言うのも大きいと思いますが。

今週の共同通信杯も混戦でしょうね…。


マンボネフュー
中型でスッキリとした体付き。腰付きが硬く後脚も真っ直ぐでワンペースで走れる方が良いタイプだと思うので、府中中距離向きにはあまり見えないのですが、能力はそれなりにあるので、相手次第で。

ケイアイチョウサン
小柄で胴が詰った体型。バネやパワーなど特に秀でているものはなく、普通の馬。

ゴッドフリート
重心が低く骨太とコメントにはありますが、朝日杯で見た時は細身でバランスは良いけど、という印象でしたね。

ザラストロ
箱型でお尻が真っ直ぐ。キレが無いので時計の掛かる馬場などが合う馬ですが、能力的にはそこまで…といった所で。


先日のきさらぎ賞同様、状況が向いた馬が勝つレースになりそうです。