ラフィアンターフマンクラブ 募集馬レビュー2016 後篇

※この記事で書いていることはあくまで私見であり、必ずしも以下に書いてある通りの素質や競走能力を示してくれる訳ではありません。
ラフィアンの後篇です。

29.マンデームスメの15
遅生まれでまだ体が小さいにしてもやや小柄でしょうか。その割に飛節の骨は大きくこれがどう走りに影響してきますかね。

30.リナミクドリームの15
前躯が小さく腰高に見える体型。おそらくダートに適性がある馬だとは思いますが、それほど大きくはならないはずです。

31.エメラルドチャームの15
斜尻曲飛ですが薄手の体型ですし俊敏さが長所となるような馬なので、体型的な欠点としてそこまで気にしなくてもいいのかなとは思います。

32.クラールハイトの15
硬さがこの馬の持ち味なんだと思います。逆に言うと細身の体型でパワー型ではないので非力なピッチ走法が活きる状況で上手いこと走ってくれる馬という評価でしかありません。

33.スペシャルウーマンの15
牝馬にしては骨量豊富でそれでいて重苦しさはありません。アイルハヴアナザー産らしく飛節が硬くまた折も若干深いためこの体格を活かした走りは出来ないかもしれませんが、上体のバランスは良いので長所を活かすように成長してくれたらいい走りを見せてくれるかもしれません。

34.トーワフォーチュンの15
足を長く見せる体型ですがその割に胴が詰まり気味で回転の速い走りになるでしょうか。全体の骨格からトモが若干非力で軽い走りをするタイプでしょうか。

35.ヒカルウェイブの15
ロジユニヴァース産駒ですか。よく特徴はわかりませんが、本馬は四肢が長くこのあたりは母父トニービンの影響もありそうですね。飛節がブレて力強さも無いので長い距離でダラダラと走るような馬になるかもしれません。

36.フライングメリッサの15
薄手で無駄のないマラソンランナーのような体型。速い動きを得意とはしなさそうですが柔軟性があり、芝の中長距離に適性がありそう。前の繋ぎがやや硬めなので故障リスクはあるものの、全体としてのバランスはまずまず良いのでジワジワと力を付けていって欲しいですね。

37.ホクトグレインの15
マツリダゴッホ産駒らしいシルエット。同父産駒の牝馬ながら骨量に恵まれ、パワー不足に泣くことはなさそうです。芝ダート問わずマイル前後で。

38.マイネイサベルの15
マイネイサベルの仔がもう募集されるのですか。馬券的にかなりお世話になった馬なので思い出深いです。本馬も母の良さが受け継がれている所があって特に前躯の安定感が素晴らしいと思います。残念なのは股関節から飛節に掛けての硬さ。ああ、父アイルハヴアナザーなら仕方ないですね。腰付きはまずまず良く手先を固めて確り走れる下地は持っているので、このまま良い方に成長してもらってマイネイサベルの仔が重賞の舞台に出てきてくれるようだと嬉しいですねえ。

39.マイネヴィータの15
骨格的なものはマツリダゴッホ産駒のそれ。さらに本馬の特徴は筋肉の軽さでしょうか。お尻は大きくないので全身を上手く使って走るタイプだと思いますが、動きの良さを活かすようトレーニングを積んでくれればと思います。

40.マイネヴォヤージの15
身のこなしが軽やかで柔軟。それで体型的な小ささというハンデをどれだけカバー出来るかという所ですね。

41.マイネカンナの15
母が小さい馬でしたので本馬も牝馬に出てこういう骨格なのは仕方ないでしょう。

42.マイネクイーンの15
トモにメリハリはあるのですが全体的に筋肉がブヨっとしており体型的にも小ささを活かせる要素を見出すことが難しく、成長を見守りたい馬です。

43.マイネコンテッサの15
柔軟性はありますが全体的に骨格のバランスが良くなく、両前左右で繋ぎの強度も違いますし強調点を見出し辛い馬でした。

44.マイネショコラーデの15
サイズは小さいものの全身のしなやかな体型は父ステイゴールドの良さを確り受け継いでいるように思います。もう少し背中や腰回りに力強さが出てくると良いですね。

45.マイネソーサリスの15
かなり細身の体型で枝も長め。おそらく完成してくるのは遅めでしょう。やや右前の膝から下が外に反っているのが気になりました。

46.マイネソルシエールの15
骨は太目ですが父の産駒にしては柔軟で筋肉が甘いようにも見えますがこれはこれでいいでしょう。背中が長めで引っ張る筋肉があまり強くないので中距離前後をストライドで走る馬になるかもしれません。

47.マイネディーバの15
兄のマイネルアトラクトも雄大な馬体をしていましたが、本馬も立派な馬格に恵まれています。飛節が後ろの方に付いているようなトモになってしまっていますし、枝も長いのでスタートで置かれるようなレースばかり繰り返してしまうかもしれません。

48.ミリオンセラーの15
スウェプトオーヴァーボードらしい丸っこい体型。重心が低く距離は持たないかもしれませんね。現状では強みを見出すのが難しいですが、どんどん鍛えられて全身を使って走れるように成長してくれればと思います。

49.オーディエンスの15
馬格に恵まれ柔軟な動きを出来るのが本馬の良さでしょうか。両前の外向は目に付きますが軸は取れているのでそこまで気にしなくてもいいかもしれません。芝の長い距離に適性があると思うのですがスピードが無いということの証左でもあるというのは覚えておきましょう。

50.ケイティラブの15
母ケイティラブの骨格や筋肉の付き方が受け継がれていてステイゴールドらしい母の長所を引き出す良さがしっかりと本馬にも受け継がれているんだなあと思わせる馬です。四肢が短く筋肉質な体型から、もちろん適性は短距離。

51.バンブーユキヒメの15
しつこいですが、マツリダゴッホ産駒らしいアウトライン。節々に力強さがあって手先まで力が籠っているように見えます。これが本馬の良さでしょう。やや背中が薄く見えますが弱さは感じません。

52.ビクトワールイゾレの15
かなり大型というより骨が太いです。体は柔軟ですが速い動きが出来ないのでこの体型ですとそれが欠点になりかねません。芝ダートは問わないでしょうが、長い距離でスピード不足を誤魔化すようなレースをせざるを得ない印象です。

53.レミニセンスの15
背中が長く関節が柔らかいのである程度距離は持つでしょうか。瞬発力に優れているという感じはありませんが、確りとした脚をつかってくれそうな印象です。

54.グランバザールの15
前が立っているので芝は向きそうにないのですが、牝馬にしてもシャープな骨格をしており父産駒にしては珍しい体型をしているといった印象。トモにキレはあって良い所はあると思うので、このまま上手く成長してくれたらひょっとしたらひょっとする馬かもしれません。

55.コスモサンチャンの15
ロージズインメイ産駒っぽい体型だなあと思ったら母父がそうでした。おそらく前脚に不安が出やすいと思うので、うまくケアしながら育ててもらいたいですね。

56.コスモベルの15
小型ですが付くべき所に筋肉は付いているので問題ないでしょう。母産駒らしい形に出ているので適性は短い距離でしょうね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中